小腸の仕組みと働きの解説

小腸の働き・役割の解説。小腸はどんな機能をもっているの?小腸の長さが変化するって本当?

◆小腸の働き・役割の解説(もくじ)

小腸と大腸の働きの違いって何だろう?

 ねぇドクター。小腸と大腸ってどんな違いがあるの?
 小腸って言うくらいだから小腸が小さくて大腸が大きいって感じ?

 いや、小腸と大腸の大きさは小腸の方が長くて大きいからそれはちょっと違うかな。
 小腸と大腸の主な違いは、その役割分担部分にあるんだよ。

 役割分担?

 うん、どちらも腸としての大まかな働きは一緒なんだけれど細かい部分で役割にちょっとした違いがあるんだ。

大腸は小腸で栄養分が吸収された後の飲食物からも更に水分を吸収する

 小腸も大腸も同じ腸として消化された飲食物を吸収するという大切な役割を持っている。
 但し、小腸と大腸の違いをあげるとするならば、小腸は栄養素や水分の吸収作業だけでなく積極的に消化作業も行っている点にある。
 特に小腸の入り口部分にあたる十二指腸では、大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)から膵液や胆汁を取り込み胃である程度消化された飲食物を更に細かく丁寧に分解・消化しているんだよ。
 また大腸は小腸である程度消化された後に流れてくる栄養分が吸収された後の飲食物からも更に水分を吸収する働きがあり、小腸以上に吸収力の高い構造であるとも言えるんだよ。

【小腸と大腸の働きの違い】
どちらも吸収を行うが、小腸では消化と吸収作業がメイン、大腸では吸収作業がメインで行われる