キャッスルマン病の症状・病態を学ぶ

 キャッスルマン病の名前の由来は、アメリカ東部では最大であり最古の病院であるマサチューセッツ州ボストンにある総合病院マサチューセッツ総合病院の病理医である「キャッスルマン氏(Castleman)が、当時はまだ解明されていなかった難病であるこの病気について1956年に初めて具体的な症例をもとにした論文を発表したことから、医師の名前を元に病名がつけられたのがキャッスルマン病の名前の由来とされています。
 1956年にキャッスルマンによって発表された論文では、13症例についてその実態と症状が報告されています。

 ここでは、未だ発症事例が少なく日本の患者数も2000人に満たないとされる難病のひとつであるキャッスルマン病の病態についてまとめております。

 尚、キャッスルマン病はアクテムラの登場により治療における新しいステージが見えてきた分野ではありますが、まだ明確な治療法が確立されているわけではありません。

  • 最大の症状の特徴はリンパ節腫脹が確認される点
  • リンパ節とは?リンパ節の働きと大きさ
  • ウイルスや細菌感染がなくても免疫細胞が反応するのはなぜ?
  • インターロイキン(IL-6)の放出が原因
  • 多中心型と限局型の大きく2種類に分類できる
  • ステロイド抗炎症剤による治療の問題点
  • キャッスルマン病の治療法の確立が課題
  • 期待されるアクテムラの働きとは?
  • サイトマップ

医療でポン