腎臓の仕組み・構造・働きの解説

腎臓の構造・働きの解説。腎臓の大切な役割とは?機能が低下する原因とは?

◆腎臓の構造・働きの解説(もくじ)

◆腎臓病は自覚症状が感じにくく尿検査で発見されるケースが多い

 腎臓はいろんな働きや役割を持っていることがなんとなく今日はわかってきた気がするよ。
 こんなに大切な腎臓が病気になってしまったらやっぱり大変だなぁ。

 そうだね、腎臓病は一度発症するとなかなか簡単に治療できる臓器ではないことから治療期間はとても長期的になるケースも多いんだよ。
 また本人が自覚症状として腎臓の疾患を見極めることはとっても難しく、腎臓疾患の多くのケースでは健康診断などの尿検査や血液検査で発見されるケースが大半なんだ。

【腎臓病の特徴】
腎臓病などの腎臓疾患の多くは尿検査や血液検査によって発見されるケースが大半

◆糖尿病は腎機能低下が原因で発症する代表的な疾患

 腎臓に関連する疾患の代表といえばやはり腎機能の機能低下が原因となって発症する「糖尿病」が最も広く知られている腎臓疾患であることは間違いない。
 糖尿病は腎機能の低下によって血液に再吸収されるべき糖分が尿と共に排泄されていしまい、大量の血中糖分を失ってしまう病気のひとつ。
 この他にも蛋白質が漏れ出てしまう「AIg腎症」「ネフローゼ症候群」などの慢性腎炎も腎機能の低下が要因となって発症する疾患。
 腎臓疾患は体に必要な栄養素が体外へ排泄されてしまうため、まず病気の進行をしっかり食い止めることが大切なんだよ。

 腎臓って本当に大切な役割をもっているんだね。