十二指腸の働きと役割の解説

十二指腸の働きと役割の解説。十二指腸の位置ってどこらへんにあるの?長さは何メートルくらい?

◆十二指腸の働きと役割の解説(もくじ)

◆十二指腸の長さは指12本分の長さって本当だろうか?

 十二指腸の場所は井の出口部分にあったんだね。
 ねぇドクター、話は変わるんだけどね、十二指腸の長さっていったいどのくらいの長さがあるの?

 十二指腸の長さだね。

 うん、十二指腸なんて言う位だから十二本分の指の長さだよ〜!なぁんて、そんあ訳ないよね。

 でもいい感じのイメージだよ。この十二指腸の長さはね、「十二本の指」ではなくて12インチの長さの器官であることが名称の由来となっているんだよ。

◆十二指腸の実際の長さは平均で約25〜30センチ程度の長さ

 小腸全体の長さは約6〜7メートル前後の長さがある。

 ただ、実際はお腹の内部でぐるぐると回りながら長さも縮んだ状態でお腹の内部に納まっている為、長さのイメージは沸きにくいかもしれないね。

 尚、この十二指腸の実際の長さは平均で約25〜30センチ程度の長さとなっている。

 また、十二指腸の名前の由来は、12インチの長さから来ているという説と、さっきポンちゃんが言った通り十二本の指の長さという2つの説があるんだよ。

☆十二指腸の長さはどのくらい?
十二指腸の長さは約25〜30センチ程度

 えっ!そしたら十二本の指の長さっていうのも間違いではないの?

 そうだね、十二本の指の長さとして考えると指の幅が2センチちょっとある計算になるのかな?結構…というかかなり大きな手の持ち主ってことになるね。
 また12インチが由来となっている場合として考える場合は1インチは2.54センチだから12インチで30.48センチ。約30センチの長さになるね。

 なるほどぉ、やっぱり12インチという長さの器官が十二指腸って考えたほうがしっくりくるかもしれないね。