十二指腸の働きと役割の解説

十二指腸の働きと役割の解説。十二指腸の位置ってどこらへんにあるの?長さは何メートルくらい?

◆十二指腸の働きと役割の解説(もくじ)

◆十二指腸の位置(場所)ってどこらへんにあるの?

 十二指腸と言えば、よく十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)っていう病気の名前を聞く部分だよね。

 そうだね、十二指腸の代表的な病気と言えばやはり十二指腸潰瘍が最も有名な病気かな。
 ところでポンちゃんは十二指腸が体のどの位置にあるか知っているかい?

 十二指腸の位置?何となく聞いたことがあるくらいの言葉だしなぁ…体の中のお腹辺りにあるような気がするんだけど…
 十二指腸の場所なんて今まで考えたこともなかったからよくわかんないや。

 うん、意外とみんなそんな感じかもしれないね。
 実際に病気になってはじめて臓器・内臓器官の場所や位置、そして構造や働きを覚えるケースって多いからね。

◆十二指腸の位置は胃の出口部分から小腸までの間にある

 十二指腸の位置は食べ物を消化する働きをもつ胃の出口部分にあるんだ。

 胃で消化された食べ物や飲み物はどろどろの状態になって十二指腸へ送られる。

 そして十二指腸では、どろどろになった飲食物を更に細かく消化したり、小腸で必要な栄養分が吸収しやすくなるような準備をはじめるんだ。

【十二指腸の位置ってどこらへん?】
十二指腸の位置は胃の出口部分から小腸までの間

 へぇ〜、十二指腸の位置は胃の出口部分にあったんだね。今まで胃の出口部分にはすぐに小腸が繋がっていると思ってたぁ。

 うん、十二指腸は胃と小腸を繋ぐまでの器官という考え方とともに、小腸の一部であると言う考え方もあるからポンちゃんの考えも決して間違いではないんだよ。
 小腸を十二指腸の一部として考える場合は、胃の出口部分に十二指腸、次いで空腸、そして回腸という流れで胃で消化された飲食物が運ばれていくんだ。

◆空腸・回腸って何だろう?

 空腸は亡くなった方の解剖を行った際に腸の内部が空っぽであったことから空腸と言う名称が名づけられたとされています。

 回腸は大腸に囲まれており腹部を中心に小腸のイメージに近いぐるぐると回りながら収まっていることから回腸と名づけられました。

 しかし、医学的にはこの「空腸」「回腸」の分岐点となる明確な指標はなく、概ね十二指腸側の2/5が空腸、残りの3/5が回腸として分別されております。

【小腸を大きく3つの部位に分類するケース】
☆十二指腸
☆空腸
☆回腸